×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Amazonアマゾンを使ってみて思うこと...書籍・本・CD・映画DVD・ゲームを安く!

Amazonアマゾンを使ってみて思うこと

実際にアマゾンで本を購入してみたので、その手順を公開します。Amazonのメリットとデメリットを検証。また、使う前に知っておきたいことも!




アマゾンのサイトへ

このサイトのトップへ


要約!最低限を知る


2つの価格

支払い方法

配達までの期間

買えるもの


どこが安いか?

注意すべきこと!

Amazonポイントとは


購入の流れ

アマゾンについて


海外発送・転送代行


リンク集

リンクの御案内

サイトマップ

お問い合わせ

役立ちサイト案内



超ベンリ値段検索ツール



先週のベストセラー

最終更新日 :  2010年01月13日  

アマゾンAmazonでの購入方法の流れ

では、実際にアマゾンで購入するときは、どんな感じになるか見てみよう。

まずは、 アマゾンのサイトを、横で開いてみて。

1.欲しい本が決まってるなら

左上のサーチに、作者・著者名や本のタイトル(一部でもよい)を入力して検索する。
検索に該当する商品がズラーッと出てくるから、欲しい商品をクリックして詳しく見てみる。

1.欲しいモノが具体的に決まっていないなら


ジャンルを選ぶ

上や左に「本」「洋書」「エレクトロニクス」...と書かれているタブがあるので、好きなジャンルへ。

絞り込む

画面の左に出てくるカテゴリー(種類とか分野の意味)の中から、興味のある分野を選択。
どんどん選択する。

すると商品の一覧がズラーッと出てくる。
左上の「並べ替え」ボックスで、「売れている順番」や「価格の安い順番」とかで本を選ぶ。
欲しい商品が見つかったら、クリックして情報を調べてみる。

2.欲しいの商品の詳細を

各商品には、いろんな情報が掲載されている。
最初から決めてる人には、あんまり関係ないし、時間が無駄だから見る必要がないけど、
買うかどうか迷ってる人は、参考にできる。

商品ページを下にスクロールさせると
「書籍データ(ページ数やおすすめ度)」、
「レビュー(雑誌などによる評価)」、
「カスタマーレビュー(商品購入者による評価)」などが書かれていて、結構参考になる。

3.買うことに決めたら

画面右にある水色の枠の中の「ショッピングカートに入れる」をクリック!
手続きは、ここから始まる。

4.他にも買いたいものがあるなら

関連商品の宣伝のページに行くのは、他にも購入したいのもがあるなら、
調べてみて、どんどんクリック。ジャンジャン購入。(好きにして)

5.購入する商品を全部クリックし終えたら

いい加減、選ぶのあきてきたと思うが、そうしたら、右側の青の枠の中
「レジに進む」をクリックして、支払い準備開始!

6.サインイン

サインインとは、ID登録のこと。
購入するんだから、当然、自分の情報を登録してもらう。

素直に、「初めて利用します」をチェックして、使えるメールアドレスを記入。

7.宛先・届け先を記入

商品の宛先も必要だから、気にせず、ホントのことを、どんどん記入。ちと面倒だが。

8.支払い方法の確認

クレジットカードで支払う人は、カード情報を記入。心配だが、まあ大丈夫。

心配して死にそうなら、手数料がかかるけど、代金引換を選択する。
代金引換については、支払い方法を参照のこと。

商品の配達状況を確認するためにも、下の欄にあるパスワード設定を行い、
アカウントを作成する。

9.最終確認

注文状況の最終確認があるので、ここでチェック!
間違いがなければ、決定をして、手続き終了。

おつかれさま〜

 
>>> アマゾンのサイトはこちらから




このページの上へ戻る
Amazonアマゾンを使ってみて思うこと のトップページへ戻る

通販サイト集
+ 幼児教育のひろば...子供の脳の発達システムから年齢に適した教材・知育玩具を。
+ 電動自転車の選び方...子供乗せバッテリー付き自転車の通販情報です。
+ 食材宅配の選び方...家やマンションまで配達してくれるサービスです。
+ サプリメント通販ショッピングプラザ...ファセオラミン含有白インゲン豆の商品販売。
+ 竹炭・竹酢液の竹炭紺屋...消臭・脱臭の竹炭の使い方や竹酢液の販売



Copyright(C) 2006-2010 Amazonアマゾンを使ってみて思うこと All right reserved.

ネット書籍ショップの大手アマゾンで購入して気付いたことをまとめています。
購入前に知っておいた方がいいことや、良い点・悪い点を挙げて検証していきます。
多くの方から感想を頂き、もっと多くの方の為になるAmazon情報を掲載したいと考えています。